自然素材ならではの温もりがある木質フローリングには、「複合」と「無垢」があり、合板に表層材を張り合わせたものを「複合」といいます。複合タイプはフロアコーティングの施工性がよく、傷がつきにくい、汚れにくい、メンテナンスがしやすい、床暖房に対応する製品が多いなどが利点です。最近では表層材に厚みがあり、無垢フローリングに近い風合いのものも登場しています。一方、木の持ち味をそのまま生かしているのが「無垢」で、一枚板が基本になっています。

「複合」に比べ、より調湿性に優れていて、ナチュラルな風合いは格別です。最近では床暖房対応の無垢フローリングが登場し、機能性も向上しています。木の種類は実に豊富で、主な樹種だけでも、スギ、ヒノキ、ナラ、チーク、オーク、メープル、カリン、サクラ、カバ、パインなどがあげられ、その特性と風合いは一つ一つ異なっています。フロアコーティングの際には、木目の美しさだけではなく、硬度、耐久性、耐湿性、経年変化などもチェックするようにして、インテリアや家具との相性などを考えて選びたいものです。

床材は、幅や厚みの違いでもフロアコーティングをしたときの雰囲気が異なってきますが、斜め張りにするなど、張り方を工夫することでも印象は変わります。また、最近は家の外と内がつながったような造りのコートハウスや、家の内部でも屋外が感じられるようなスタイルが人気です。タイルの床は、そんなアウトドアテイストにもピッタリです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です