太陽光発電はしばしばソーラーシステムと言われますが、その特徴は太陽の光のエネルギーを直接電気エネルギーに変換できるというシステムです。太陽光のエネルギーの力は大きく、しかも無尽蔵で、石油や天然ガスのようにいつかなくなるという心配がありません。火力発電の原料である石炭や原子力発電の原料であるウランを枯渇性エネルギーと呼びますが、太陽光は再生可能エネルギーと呼ばれています。再生可能エネルギーには風力、地熱、水力、バイオマスなどがあり今後のエネルギー源として期待されていますが、太陽光はその中でも桁違いなエネルギーとして注目を集めているのです。

しかも太陽光発電は風力発電などと違い、コストを低く取り付けることができるので、住宅一つ一つに取り付けることが可能になっています。ソーラー発電のシステムは太陽電池に日光が当たることで発電しますが蓄電の機能が付いていない発電機のようなシステムです。日本では半導体という分野の研究が盛んでそのため太陽電池の開発技術が世界最高峰となっているので、日本の住宅にもこうした太陽電池の導入が活発にされています。震災以降、エネルギーに注目が集まり、よりエコロジーな発電方法で暮らしたいと考える方が増えていてそれにぴったりとフィットしたのが太陽光発電と言えるでしょう。

蓄電する機能はありませんが、発電して余った電力は電力会社に売電することができるのでコスト的にも魅力があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です