フロアコーティングは、様々なタイプの液剤を使ってフローリングの表層に樹脂材やガラス材といった皮膜を作る事が出来る工法です。保護や装飾といった効果を得る事が出来、一般的な住宅ではフローリングの保護を目的として施工するケースが多いです。従来、ワックスが多くの住宅で使われていましたが何度も塗り直す手間が掛かる上、費用も継続しても発生してしまいます。ワックスと比べてフロアコーティングは、初期投資が負担となりますが先々、フローリングをメンテナンスしなくても良くなるためランニングコスト的には非常に優秀です。

施工するフロアコーティングによっては、フローリング表層にグリップ力が発生し高齢者の方や小さなお子さんも転倒しにくくなり安心です。フロアコーティングには、複数の種類が存在しており性能や特徴をしっかりと掴んでおく必要があります。2017年現在、最も人気のある施工は、UVコーティングです。特殊な樹脂に紫外線を一定時間照射する事で固まりコーティング膜を形成します。

密着力が高く耐久機能も30年は超えると言われています。ガラスコーティングは、UVコーティングよりも性能は少し下がりますが、引っ掻き傷や摩擦に対して圧倒的に強いです。見た目も艶が控えめで床の素材の色合いを見る事が出来ます。ウレタンやシリコンは、耐久性能が約10年程度です。

ウレタンは古くから採用されていたコーティングで比較的、安価に施工出来るメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です