フローリングの床には、だんだんと汚れが蓄積してしまい、床が黒ずんだりべたついたりしていきます。また知らず知らずのうちに様々な傷がつき、傷が目立つようになっていきます。一般的なお手入れであるワックスがけでも床はきれいになりますが、自分でやると塗りむらができたり手間がかかりますし、定期的にワックスがけをするためには費用がかかります。傷がついたフローリングは汚れが傷に入り込む事でより汚れが付きやすくなりますし、汚れとワックスが塗り重なったフローリングは、日常のお掃除では簡単にきれいに保つことができません。

一方でフロアコーティングをすると、耐久性の高い保護膜がフローリングを保護します。傷などのダメージを防ぐことで、汚れが付きにくくなります。フローリングの表面の摩耗を防ぐので光沢が持続します。フロアコーディングが強力に床へ密着した状態では、拭き掃除などの日々のお手入れで剥がれてしまうことはありません。

効果は数年にわたって持続するので、塗り直しなどのフローリングのメンテナンスコストも削減されます。フロアコーティングで床を保護し続けることで、フローリング材の保護になります。フロアコーティングをした床の普段のお掃除は、ホコリやゴミの掃き掃除や水拭きや乾拭きで表面についた汚れを落とすことです。フロアコーティングをすると傷や汚れがつきにくく、お掃除の手間がかからないので、日常のお掃除が楽になり、いつまでもきれいなフローリングを保つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です