住宅などのフローリングは、長く生活していると必ず劣化が生じてきます。傷や汚れが酷くなると室内の清潔感が失われてしまいます。フローリングを長く美しい状態に保てる施工がフロアコーティングとなっており人気を集めています。フロアコーティングの特徴は、フローリングの表面に固く耐久性の高いコーティング剤で覆う事が出来るためゆかの素材が汚れたり傷付く心配がありません。

汚れや傷からフローリングを守りいつまでも綺麗な状態に出来る魅力があります。フロアコーティングは、施工する種類によって特徴に差があります。特性をしっかりと抑えて施工する事が大切です。知識が無い状態で安易に施工すると希望していた効果が得られないケースがあります。

一般的に施工されるフロアコーティングは、主にウレタン、シリコン、ガラス、UVといったタイプに分かれます。ウレタンコーティングは、コーティングの中でも古い歴史があり、一昔前までは多くの住宅で採用されていました。ウレタンが摩擦に強く費用も比較的安く施工出来るメリットがあります。シリコンコーティングは、ウレタンと同等程度の耐久性を持ち10年は効果を維持出来ます。

薬品に強い特徴を持ったコーティングとなっています。現在、人気があるのがガラスコーティングとUVコーティングです。いずれも耐久性が高く施工後は、20年以上メンテナンスフリーとなります。自宅をリフォームするまでコーティングの効果が持続する品質の高い施工方法です。

窓の視線対策のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です