シンク下の水漏れ修理の方法

キッチンのシンク下から水漏れが発生することがあります。

シンクの下の部分には引き戸になって中に台所用品を置くことができるような空間がありますが、その真ん中の部分にシンクの排水口から排水トラップそして排水パイプが伸びているのがわかります。排水トラップというのは深いバケツ状の接続部で、シンクの上から見ても分かるように、食べ物のカスやスプーンなどが排水パイプに流れていかないようにしています。この排水トラップと排水パイプとの接続部から水漏れが発生することがしばしばあります。

多くの場合、排水トラップと排水パイプを樹脂製の大きなナットで締めていますが、このナット部分が原因であることが多いです。ナットが少し緩んでいるだけでも水は漏れてきますので、物を出し入れするときに間違って触らないように注意する必要があります。また、ナットの中に入っているゴムパッキンの劣化によっても水漏れが発生しま。ゴムでできていますので経年劣化は避けられません。

水が漏れていると言っても給水管のように常時漏れ続けるのでは異なり、水を流したときにだけ漏れますので、水道代が上がってしまうと言う心配はありません。パッキンの修理は新しいものに交換するだけでOKですので、素人でも修理可能です。パッキンはホームセンターやネットで購入可能ですが、サイズを間違わないようにしましょう。それ以外では排水パイプそのものが劣化している場合もあります。この場合はパイプごとの交換となりますが、自分で修理するのが難しい場合はプロの修理屋を呼ぶのが良いでしょう。
水漏れの修理のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *