水のトラブルが起きた際の対応

トイレや台所、風呂場など水回りでトラブルが起こった場合は再び使えるように工事をするのが基本です。

もっとも水のトラブルの内容によっては個人でも解決できるものの、業者に依頼しなければならないほどの規模であれば平均3日から4日はかかります。長くても1週間で、もしも本格的なリフォームなら1か月かかってもおかしくないです。トラブルとはいえ、水が使えなくなる状態は非常に厄介と言えます。

衛生面はもちろん、健康面でも生活に支障をきたすリスクが高いです。その不便さは近年深刻化している自然災害における避難生活が代表的ですが、トイレや台所が使えなくなった際どうしたらいいか考えておく必要はあります。ひとまず考えられるタイプは2種類あり、使えない状態が個人的な規模か、それとも公共施設の利用が不可能な状態かです。前者であればたとえ数日トイレや風呂場が使えなくても我慢すれば、工事の終了とともにまた使えるようになります。

反対に後者は悩ましく、1日につき1人が確保しなくてはならない量は3リットルとされているからです。目安としては3日分とされているため、1人に対して最低9リットルは必須となります。他の生活のための量も含まれば1日219リットルであるものの、ライフラインの利用が難しいのであれば望みはほぼゼロです。こうなってくると日頃から備蓄用として浴槽に溜めておくのが望ましく、また現実的と言えます。支援を求めるにしても不確定である以上、常日頃の備えが人を助けるというわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *