水による健康トラブル

人が生きていくためには水が不可欠であることは言うまでもありません。

健康に気をつかっている人は、ミネラルウォーターを飲んでいたりしますが、水道水を使わないことはないでしょう。ここでトラブルが発生しているケースが見受けられます。古いマンションやアパートなどでは、水道管がメンテナンスされていないことがあります。そこに赤さびが発生して、さらに溶け出すことにより、入居者の健康を害している可能性があるのです。

長年使い慣れているとそのような状況に気づかないことが良くあります。来客などの指摘で味がおかしかったり、少し濁っていたり、少し異臭がするなどの変化に気づくことがあります。このようなトラブルは時間の経過とともに発生してしまうものと言えます。昔は鉄管が使用されていることが多く、鉄は酸化すると赤さびの発生につながります。

さらに悪いことに、水に含まれている塩素が酸化剤として作用し、赤かびの進行を加速させる結果となるのです。このようなものを飲んでもすぐには影響はないようです。しかし、飲み続けることにより、慢性的な下痢や嘔吐などの症状としてあらわれることがあります。特に年配の方や乳幼児には注意する必要があります。このようなトラブルを回避するには、少しでもおかしいと思ったら大家さんに相談することです。大抵の大屋さんは改善のため動いてくれるはずです。良い大屋さんであれば、定期的なメンテナンスを行ってくれるようになるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *