京都で水道工事を行う注意点

人間が生活を送るためには水は必需品であり、水道設備が無ければ困窮してしまうのは間違いありません。

この水道は河川などの水を使ってろ過して飲める状態になったものを配管を使って供給されていて、その配管についてはほとんどの場合で地中に埋設されています。これは地中の方が外的な物理作用による衝撃が少なく、気温や風雨という自然環境での設備の劣化を抑える効果があるからです。地中に配管が埋設されていると劣化を軽減することには寄与していますが、完全に避けられるわけではないので交換は必ず行われています。

しかし地中にあるので交換する場合には工事によって取り出すことになり、この場合には配管の周囲の土砂も邪魔になるので広い面積を掘ります。そのため、京都のような地域では注意すべき事案が発生するでしょう。日本は人間が住みだしてから長い年月が経過していて、古い文明の遺物が地中に埋もれて今でも発見されています。水道工事でも地下を掘っている際に遺物がみつかるというケースがあり、その場合には考古学的観点から保護が求められます。

それを無視して壊したり廃棄すると法律違反になって、処罰の対象になってしまうことは認識していなければいけません。京都は古くから都が置かれていた場所であれ、そのような地域には文化的価値のあるものが多く出土しています。これはあらゆる工事で見つかる可能性があり、地中を掘る場合の既に埋設されている施設と共に注意することが大事になってくるでしょう。他の場所でもこのような案件は起きる可能性がありますが、京都は特に高くなっていることは認識して行わないと困る事態を引き起こしてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *