京都の町家や古い民家の水道修理

京都といえば古都として有名です。

桓武天皇が長岡京に続いて、平安京に遷都して始まった1000年の古都京都。今でも古く風情のある町並みや、京町家などの建物も残っています。京都の古い町家や古民家では、建て替えではなく残そうという動きがあるそうです。自宅として再生したり、アトリエやギャラリーとして使用したり、賃貸としても人気が高いのだそうです。そんな古民家や町家で一番困ることは水道です。

壁や屋根、梁などは改修や再生が容易です。しかし水道修理だけは、なかなか難しいものです。古い町家は主に木材や紙が建材です。水漏れや排水口つまりなどは、致命傷になりかねません。それだけに水道修理は、信頼の置ける業者に任せたいところです。特に町家は独特の構造であり、一般的な水道修理業者では対応できない可能性があります。「京都/水道修理/町家」などで検索すると、地元密着型の水道業者がヒットします。

古民家や町家に入居するときは、殆どの場合はリフォームをするでしょう。その際に水道修理や水道の改修も行ってくれる、リフォーム業者が存在します。入居する際にはリフォーム業者に、水道管のメンテナンスのお願いしてはいかがでしょうか?また定期的に水道管のメンテナンス、補修なども行うことが大切です。水漏れなどが起こったら、古民家にとっては大変です。カビ、苔などの発生にも繋がります。風情のある古い町並みや町家を維持するためにも、信頼の置ける業者を探しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *